HOME>オススメ情報>質の高い住宅を建てるのならば地域密着型で選ぶ
男性

お金持ちのものではない

世帯主が自分で居住する目的があって、さいたま市の地域に密着した工務店に依頼して建てる注文住宅は、購入する場合に比べて費用はどうなのでしょうか。この場合、工務店との間で請負契約を締結するのですが、注文者は報酬を支払うことになります。その金額がいくらになるかは、請負契約の内容によって大きく異なります。さいたま市において、注文住宅を建てるのなら、土地購入資金を含み4400万円ほどが相場になります。ちなみに、分譲住宅の相場が4000万円に満たないほどです。資金については、自己資金が約2000万円が相場と言われており、やはりある程度の資金がなければ難しいといった印象も持たれています。ですが、注文住宅を売却するケースもあるため、自己資金が乏しくとも、質の高い中古住宅を購入することができる点は評価できます。

棟梁のいるところ

さいたま市で注文住宅を建てる時は、施工業者との綿密な話し合いをしましょう。この話し合いの中で、注文者は希望を出し、それに業者が応答する形になります。気をつけるべきは、いくら綿密な話し合いをしても、業者の人柄や技術力次第で完成した住宅の質に違いがある点です。もちろんこれに関しては、昔気質の棟梁がいる現場を見ておくことで解決します。住宅建築工事中心となるさいたま市、多くはハウスメーカーに依頼しており、工事に特化した技術者(主任技術者や監理技術者)が携わります。施工状況、現場に関する全ての責任者ですが、実際に家を建てるのは棟梁や大工、左官です。経験を積んだ大工でもあり、設計から現場管理、仕事の管理まで全てに関与しています。だからこそ、希望通りの注文住宅を建てたいのなら、棟梁のいるところを選びましょう。施工途中の現場を確認することができるのも魅力です。

広告募集中